新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症に関する政府から緊急事態宣言の発出に伴い、当医院では当面のあいだ診療時間を短縮して診療を実施しております。
診療受付時間…17:30最終受付、診療終了時間…18:00(土曜除く)

微熱、咳、味覚異常、倦怠感など、風邪かそれに近い症状がある方は、受診をご遠慮していただいております。
あくまでも自己判断でお願いしております。ご了承ください。
赤外線体温計にて全ての患者様に検温の上で受診していただいております。

令和2年4月13日現在、急患=痛みや前歯が外れたなどの急を要する場合のみ対応しております。

中川歯科医院院長 中川 豪晴

治療にどれくらいの期間が必要ですか?

インプラントで噛めるようになるまで 処置期間は、患者さんの状況により大きく左右されます。

  • インプラント治療を行う前の残っている歯の治療が無く、骨を作る処置も必要でない場合は、手術前の検査に1ヶ月、埋入手術を行い、2回目の手術(頭出し)まで上アゴの場合6ヶ月、下アゴで3ヶ月、その後、型を採り、頭(歯冠)を作るのに1ヶ月ですので、上アゴで8~9ヶ月、下アゴで5~6ヶ月ということになります。
  • 骨が無くインプラントの埋入の前に骨を作ることになると、さらに6ヶ月間の時間が必要になります。
  • 残っている歯の治療、特に、歯槽膿漏の治療が必要な場合、その病状が重症であれば6ヶ月とか1年かかる場合もあります。

その他にも、噛み合わせの治療が必要であれば、それにも時間が必要になります。

PAGE TOP