新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症に関する政府から緊急事態宣言の発出に伴い、当医院では当面のあいだ診療時間を短縮して診療を実施しております。
診療受付時間…17:30最終受付、診療終了時間…18:00(土曜除く)

微熱、咳、味覚異常、倦怠感など、風邪かそれに近い症状がある方は、受診をご遠慮していただいております。
あくまでも自己判断でお願いしております。ご了承ください。
赤外線体温計にて全ての患者様に検温の上で受診していただいております。

令和2年4月13日現在、急患=痛みや前歯が外れたなどの急を要する場合のみ対応しております。

中川歯科医院院長 中川 豪晴

インプラント治療はどんな風ですか?

世界中で約50種類のインプラントシステムが販売されており、いくつかの治療方法があります。当院では、世界的に最も信頼されている2回法の骨内インプラント(ノーベルバイオケア社製)治療法を行っております。

チタン製の金属です。医療用金属材料として医科領域で最も多く使われているものです。

生体内に埋入する医療用材料で最も安全なものです。ただし、金属ですのでアレルギー反応を起こす患者さんもおられます。
また、他の金属アレルギーの発症と比べ1/10000~1/100000あるいは、もっと少ないといわれています。 生体内に入ったチタンは酸化チタンの膜で覆われ、患者さん自身の遺伝子の命令により、特殊な蛋白質が出現し3倍程堅い骨になることが証明されました。(UCLA:小川准教授)

インプラントは直接骨とくっついています。この状態を維持することがインプラントでは重要になります。
過去10年以上前に使われていたインプラントの中には、骨とくっつかないものがあり、このようなインプラントは、健全な歯とブリッジのようにつないでやる必要性がありました。
今は、そのようなインプラントシステムは使われておりません。

普通の歯で言う歯根膜という膜のもと、歯の神経(歯髄)がないため咬む力の度合いを感知したり、衝撃を受け止めたりできません。
そのため直接、噛んだ力は骨に伝わります。噛み心地が普通の歯と若干違ったり、逆に噛み過ぎたりする場合があります。

大きく分けると2つの方法があります。1つは、ご自分の歯と同じように1本1本歯を作る場合と、2つ目は、取り外しの入れ歯をインプラントの上に載せる場合です。

見た目にも普通の歯と同じです。お手入れも普通の歯と同じようにしていただきます。

主に総義歯の患者さんに行うものですが、2~4本のインプラントを骨の中に埋め、そのインプラントに磁石などのアタッチメントという特殊な装置を付け、入れ歯がくっつくようにするのです。
そのため、入れ歯を小さくして、話し易く、食べ易くすることが可能です。

PAGE TOP